全身脱毛はメリットだらけだけど、いちよデメリットも確認しておこう

全身脱毛のメリット・デメリット 全身脱毛

全身脱毛のメリット

  • ムダ毛処理をしなくて済む
  • 肌がキレイになる
  • 露出の多い服でも安心できる
  • プールや温泉なども気軽にいける

ムダ毛処理をしなくて済む

エステサロンや脱毛クリニックで全身脱毛を行なうメリットはいくつかありますが、最も大きなものとしては、面倒なムダ毛処理をしなくて済むということがあります。

肌がキレイになる

自己処理をしたほうが手軽に行なうことが出来るというイメージもありますが、自己処理をしてしまうと埋没毛が発生したり、肌荒れの原因となることがあります。
全身脱毛施術であれば、自己処理をする必要が無くなりますので、肌がキレイになると言われています。

露出の多い服でも安心できる

さらに、ムダ毛があると、夏など気温が高い時や露出の多い服装をする時に気になってしまうものですが、脱毛施術を受けることで露出の多い服装でも気にならないため、好きな服装を楽しむことが出来ます。
ムダ毛のある部位の多くは、普段は人の目に触れる部位ではありません。

プールや温泉なども気軽にいける

しかし、プールや温泉など人の目に触れることがあると、ムダ毛が気になるという人も少なくはないようです。
全身脱毛施術でムダ毛処理をすることで、プールや温泉など気軽に訪れることが出来るでしょう。

ムダ毛処理から解放される

脱毛効果を得るまでには時間がかかってしまうこともありますし、費用も決して安いとは言えませんが、これまでのムダ毛処理にかけてきた時間と手間、これからかかるであろう時間と手間を考えた場合には、無駄とは言えないでしょう。

全身脱毛のデメリット

全身脱毛のデメリット

  • お金がかかる
  • 時間がかかる
  • 痛みがある
  • 肌が刺激を受ける

お金がかかる

全身脱毛は魅力的ではあるもののデメリットがないわけではありません。
マイナス点にまずお金がかかることです。
部分脱毛ですとリーズナブルに利用できるところもありますが、全身脱毛の場合ですと数十万円程度はかかってしまいます。
全身がツルツルになれるのは大きなメリットがあるものの、数十万円もの費用がかかるとなると躊躇してしまうところではないでしょうか。

時間がかかる

時間がかかるのも全身脱毛の気になるところです。
施術を行う際には上半身や下半身といった具合に全体を分けて進めていくのですが、全身となると時間が必要です。
そして一回で脱毛ができるわけではありませんから何度も通う必要があります。
スムーズに脱毛ができたとしても1年半~2年くらいはかかってしまいますので根気よく通わなければいけませんし、時には予約が取れないなどでさらに時間がかかることもあるのです。

痛みがある

痛みがあるのもデメリットでしょう。特にデリケートな部位ですと刺激になってしまうことがあります。
そのため肌が敏感な場合ですと全身脱毛が辛く感じられてしまうかもしれません。

肌が刺激を受ける

また、刺激を与えると肌トラブルの原因になることもありますから、そういったリスクも把握しておいた方が良いでしょう。

脱毛によるトラブル

一昔前のニードル式(針式)脱毛のイメージが強いせいか脱毛には痛みが伴うと信じている人がいます。
確かにニードル式は毛根へハリを指すことで体毛の成長を衰えさせる施術であり過去には脱毛の主流でした。

ニードル式は痛みが強い

今は光脱毛が主流で刺激も照射の強さをコントロールが可能。
肌への痛みを極力和らげて施術を受けることが可能。当然、ニードル式と比べて肌に優しい。

肌に優しい光脱毛でも肌や毛の質量、体質によっては痛みを感じる人は存在します。
この場合、毛の密度が高い箇所は痛みを感じやすく、「ワキ」、「ビキニライン」など毛の密集する箇所が該当します。直毛でなく縮れ毛の箇所です。

施術は数回にわけて光を照射します。
初回が最も痛みを感じますが回数を増やすことで痛みは減少していきます。普段、刺激を与えなかった箇所に刺激を与えてるので痛みを感じる訳です。

初回から二回目になると痛みが和らぐ理由は毛の量が減っていること、結果として毛の密度も少なくなるので光照射による痛みが初回より軽く感じるわけですね。

脱毛 トラブル

脱毛エステでのトラブル

脱毛エステで施術後に起きるトラブルの代表的な例

    火傷、肌荒れなど

  • 本来、脱毛行為は医療行為に該当する施術で、医療機器(レーザー脱毛など)を取り扱うため施術する側の取り扱う技術に個人差がありトラブルとなるケースがあります。
    レーザー照射の脱毛特徴

  • 毛の根元から焼き切る施術で照射を数回に分けて行う
    起きやすいトラブル

  • 少しずつに毛の成長を止めるのが目的、肌の弱い人はレーザー照射の強さによって肌が荒れる、火傷するケースが発生しやすい。
  • 肌の弱い人には弱い照射を数回に及びくり返すことで火傷しない範囲で施術するのが基本。
    ただし、低額料金を謳っている場合は回数も少ないため1回の照射が強いので照射によって火傷をつくる原因となる。
    ワックスによる脱毛のトラブル

  • 元々、ワックス脱毛は刺激の強いワックスを使うので肌への刺激が強く肌の弱い人は爛れるなどの症状が出るリスクが高い。

このようなトラブルを回避するためにするべきことは施術前のカウンセリングをエステ側としっかり行うことです。

通常エステ側でも顧客の肌状況やアレルギーなど施術の際に注意すべき点を話し合った上で行いますが、中にはこれらを省いて施術するお店も存在します。

お店を選ぶ際には値段だけではなくカウンセリング、施術への保証や返金制度を備えているかなど確認して選ぶようにしましょう。

エステ勧誘

エステ勧誘のトラブル

脱毛エステを利用するときのトラブルに「必要としてない施術や箇所の脱毛を薦めてくる」ことが挙げられます。

特に初回費用の安さがウリの脱毛エステや脱毛サロンでは初回以降に脱毛コースを薦めるケースがほとんです。

コースを紹介すること自体はなんら問題はありませんがトラブルになりやすいのが顧客が必要としていないのを承知でコースを薦める、お試しと称して中途半端な状態まで脱毛し完全に処置するには次回から有料と説得するケースです。

また顧客によっては断ることが出来ない性格の人、意見をハッキリと主張できない人がなし崩し的に契約してしまうケースなどありますが、そのような場合にはクーリングオフによる契約解除を行いましょう。

クーリングオフは8日以内であれば契約解除できる制度で5万円以上、契約期間1ヶ月以内の場合において適用されます、直接口頭で申し出る必要もなく書面で契約したコース名、金額、契約日、支払った契約金の返金などを記載した文章を相手に送るだけです。

その際に相手が受け取ったことを証明するために「特定記録便」として送る事を薦めます。

コメント